初めてCAD導入を行う前に注意すべきこととは?


将来的にどのくらいのコストが掛かるか計算しよう

CAD導入は、作業の効率化や従業員の負担の軽減などの面で大きなメリットがありますが、導入方法によっては将来的に高額なコストが掛かることもあるため、慎重にCAD専用パソコンやソフトを選定することが重要です。また、導入後に社内でのプレゼンなどごく限られた機会にしかCADを利用しない場合には、せっかくのコストが無駄になってしまうこともあるため、早い時期から導入の目的を社内で決めておくことがポイントです。法人向けのCADソフトの開発や提供を行っている業者の中には、CAD導入時の初期費用や、将来のメンテナンス時に掛かる費用について、無料で計算をしてくれるところも珍しくありません。そのため、余裕を持ってサポート体制がしっかりしている企業を探して、本格導入に向けた検討を始めると良いでしょう。

CADソフトを実際に扱う従業員に十分な研修を行おう

CADソフトを導入してから製品の開発や企画などの業務をスムーズにこなすには、ソフトを実際に扱う従業員に対して十分な研修を実施することがとても重要となります。ソフトの種類によっては、高度なコンピュータグラフィックスに関するスキルが要求されるものもあるため、必要に応じて講師を招いて勉強会を行ったり、オンライン研修を取り入れたりするのもおすすめです。また、CADソフトを操作した経験が少ない社員が大半を占める職場においては、研修の期間を長めに設けたり、個別にフォローを行ったりするのはもちろんのこと、基本的な機能をすぐに使いこなせるソフトを見つけることがポイントです。

電気CADとは、電気設備の設計・施工図などをパソコンを使って描く専用ソフトのことです。昔は手描きで図面を描いていましたが、パソコンが普及した現在では、CADを使って作図することが主流になりました。

Back To Top