LED照明の色はどうやって選ぶの?場面にあった選び方を解説


LED電球や蛍光灯の色は場面や用途に分けて選ぶこと

LED照明はもはや省エネの代名詞であるし、当たり前のように購入しているかもしれません。LED電球や蛍光灯は寸法があっているだけで選んでいないでしょうか?確かにそれも正しいです。寸法が合っていなければ使えません。
しかし、それだけではもったいないです。
実は、LED電球や蛍光灯には5種類の色に分けられているのです。用途や雰囲気によって使い分けることをオススメします。

5種類のLED電球や蛍光灯を解説

5つの種類に分けられます。電球色、温白色、白色、昼白色と昼光色です。
大まかに説明すると、電球色はオレンジっぽくて、昼光色は青っぽいです。また、以下のようにも比較できます。
オレンジ:電球色>温白色>白色<昼白色<昼光色:青

使用する部屋によってLED照明の色を使い分け

電球色はオレンジっぽくて暖かみのある色なので、ゆっくり安らぎたいスペースに向いています。主に、リビング、寝室、お風呂、といった家庭内で使われる場面が多いでしょう。
これに対して、昼光色は青みがかった冷たい色です。仕事したり考えることが必要な部屋に向いています。例えば、オフィスや勉強部屋といったスペースでは、ゆったりというより頭をシャープにする場面と言えるでしょう。
また、オールマイティな色は昼白色と言えるでしょう。太陽のの明るさに最も近い色です。リビングはもちろん、オフィスでも使える色ですので、困ったときはこちらが無難かもしれません。

LED照明の色は自分のライフスタイルに合わせてみること

以上、LED照明の色について分類と、使い道を説明しました。本文では、用途ごとのオススメの色を記述しましたが、最終的にはご自身のライフスタイルにぴったりの色がふさわしいでしょう。LED照明の電球や蛍光灯選びに役立てられることを期待しています。

LEDライトパネルは省エネで熱を持たないため、ランニングコストが低く安全に活用することが実現します。照明だけでなく広告塔としても利用されています。

Back To Top